バルセロナ ユニフォーム 2021

現代の試合における投光照明や背番号付きのシャツ、白いサッカーボールの使用を推し進めたのは、1925年から1934年まで同クラブの監督を務めたハーバート・チャップマン。 これによってユニセフのロゴは背番号下に移りました。 これを受けてか、しばらくダンマリを決め込んでいた『バルセロナ』がようやく公式サイトで《日本をはじめとするアジアのファンおよびパートナーの皆様に不快な思いをさせたことについて、非常に遺憾に思います》《クラブおよびパートナーの価値は、FCバルセロナの経営陣、執行役員から、クラブの様々なスポーツチームの選手に至るまで、組織のあらゆるレベルにおいて守るべき信念です。

で、最後は選手たちが「MORE THAN ME」と言う。 この色合いは、清潔感のある見た目を生み出すのに非常に効果的で、ストリートでも人気が出るだろう」と説明している。 「ダサい」「どうせなら漢字が良かった」などと批判的なコメントがある一方で、「日本企業の名前が載るのは感慨深い」「意外とかっこいい」と、ファンの間でも賛否両論の様子だ。  スポンサーとしてFCバルセロナのユニフォームに日本企業名が載るのは初めてで、SNSではすでに話題となっている。

 リークされたものだとされる新ユニフォームのデザインは、以前からインターネット上に出回り話題となっていた。  アルゼンチン代表として悲願の初タイトルを手にしたメッシは、コパ・アメリカ決勝後に元チームメイトのブラジル代表FWネイマールと力強く抱擁するシーンが大きな話題となった。 ナイキは、プレミアリーグのマンチェスター ユナイテッドFC、アーセナルFC、リーガ・エスパニョ―ラの、FCバルセロナの2012-13シーズン新ユニフォームのデザインを発表した。

 五輪は1988年のソウル大会、1992年のバルセロナ、そしてアトランタを経験した。 2006〜11年にCSR(企業の社会的責任)の一環としてユニセフ(UNICEF)のロゴを初めて胸部分に取り入れ、11〜13年にカタール財団(Qatar Foundation)がスポンサーとしては初めて胸部分にロゴを掲出した。伝統的でアイコニックなレッドをベースとしたトーナルなギンガムチェック。